福ちゃん里親さんになる

夫婦二人で過ごしてきた日々から、里親さんになり子供を迎える、そんな日々を書いていきたいと思います

家庭訪問(夫婦編)

前回、親への説明と挨拶を兼ねて

児童相談所の方々が来て下さいましたが、

今回は、また別で私達夫婦の家庭訪問に

来て下さいました。

ご足労をかけて申し訳ないと思いつつ💦

 

二階の私たち世帯の部屋を案内しました。

子供部屋が確保できるかどうかもチェックします。

 とりあえず全部屋を見て回った感じです。

 

後の時間は殆ど雑談や、聞き取り調査でした。

今までの研修とは違って、

今度は夫婦の話を

沢山聞かれました。

なり染めとか・・・

なんだか

 

新婚さんいらっしゃい!💁‍♂️💁‍♀️

 

みたいな展開になっていきました。

後は

子供をどんなふうに育てたいか

周辺の住民の方々にきちんと話せるか

どの年齢の子供、性別を希望しているか

仕事はどうするか

等々具体的に聞かれました。

この時に、

仕事を辞めて欲しい

里親さんより養子縁組の方が

委託が優先されます

と言われました。

仕事は直ぐには辞められないし、

状況がどうなるか分からない今

はっきりとは約束しませんでした。

委託の優先については、

それはそれで私達も了承しているので

変更はしませんでした。

 

今回は会話の内容を全てボイスレコーダーで録音されていました。

戻ってからレポートにするそうです。

 

この頃になると、児童相談所の担当者の

方々とも、ある程度仲良く?なって

いるので、打ち解けて話せました😏

 

書類を提出する

里親申請をする為の書類をいくつか

提出しました📄

 

・申請書

・健康診断書

・所得証明

・住民票

・同意書

・家の間取り図

などなど

 

申請書には

 どうして里親を希望するのか

 家族構成・親の有無

 子育てを手伝ってくれる人の有無

 健康状態

 趣味

 学歴

 

ちょっとした、履歴書みたいな感じですね。

身元調査とでもいう感じでしょうか。

特に裏を取ったりはしないので(笑)

ウソを書く人もいるんじゃないかな~😓なんて

思ったり。

 

とにかく提出書類が多かったので

郵送料に気を付けて送りました。

里親手当

私達が里親さんの説明に行って初めて

知ったのですが、里親さんは手当がでます。

 

子供はお金がかかる&他人の子を育てる

 からでしょうか?😐

有難いですが、何だかそれもちょっと自分の子供では

ない、というのを思い知らされている感じもしました。

それに子供がそれを知ったらどんな思いなのかな

とも思います。

現時点で、里親手当は1人目は86,000円、2人目は43,000円支給されます。

又、養育費としても1人当たり約50,000円でます。

殆どこれで子育てのお金は賄えるとは思います。

 

何度か書きましたが、

里親さんは共働きでもOK

という文言でチラシがありました。

それを真に受けていた私がいました(笑)

けれども、実際は仕事を辞めてほしい

というのが児童相談所の意向の様です。

それなりに手当を渡すのだから、という事でも

あると思うし、子供と一緒にいて、時間を掛けて

欲しいという事でもあると思います。

 

私はそれまで、養子縁組が頭にあったのと、

子供を大学までは行かせてあげたいという思いが

あったので、仕事は辞めない方向ではいました。

このご時世、うちの夫も勤め先が不況のあおりで色々ありました。

転職も何度かしています。

なので、家の家計では、共働きしないと

子供に大学まで行かせられない現実があります。

私は当初から

保育園に預けて働こう!

と思っていました。

 

ただ、説明を色々聞いているうちに、委託後半年は

仕事を休む事が条件でもあり

(そんな都合の良い会社あるのかな)

更にどんどんと要求があったりで、

どうしたものかと考えるようになりました。

子供の為の制度ではあるのですが、自分たちの生活が

破綻してしまっても意味がないかな、と。

 

それで、色々家族で話し合いをしました。

その中で、養子縁組は直ぐには無理かも

という事になりました。

養子縁組をする→仕事を辞める→経済的にきつくなる

→子供に満足に教育を受けさせられない

→お金がないとギスギスする

こうなったらうちに来た事で、余計に不憫な思いを

してしまうかな、とも思ったり。

なので、養育里親をとりあえず希望で出しておいて

子供が来たら、仕事をお休み(辞める)する方向で考えています。

頂いた手当はなるべく貯金しておこうという

事になりました。

その過程で子供も生活に慣れていき、又養子縁組が

出来ればして、仕事もできる状態になったら

やろうかな~と考えています。

 *因みに養子縁組以降は手当一切はありません(当たり前ですが)

 

特別養子縁組か養育里親かで悩む

当初特別養子縁組か養育里親か、でかなり

悩んでいて、家族でも話し合い、今のところ養育里親で

申請を出していくつもりで進めています。

特別養子縁組も養育里親も、愛情を持って

子供を育てていくというところでは、なんら

違いもないのですけどね😟

  

籍には特にこだわらないのですが📄

色々便宜上の事や、子供の気持ちになると、本当は、

特別養子縁組の方が良いのかなとも思ってはいるのですが、

親権の問題からして、

児童相談所の方からも難しい、

と最初に言われました。

それに、他にも色々と悩むところがあり

また次に書きますが、とりあえず養育里親で進める方向です。

ただ、終盤になってから言われたのは、

親から強制的に離さなければいけない

場合もあるので、養子縁組希望の方が

優先的に子供の委託をされます

との事でした。

なんだかよく分からなくなって

きました😅

 

 

 

どちらにしても 私達夫婦は、一応幼児を希望しています。

子供の記憶があまりはっきりない内が

お互いの為にも良いかな、と思った事と

自分の子供と同様に小さい内から育てたい、

という思いもあったからです。

もし育てていく中で、親が親権を手放しても良いと

言って来たら、それはそれで6歳未満なら

特別養子縁組もできるし、子供が大きくなってから

籍に入れたいと言ってくれれば、その時に普通養子縁組でもいいかなと

思っています。

 

里親の場合、万が一、親が子供を返してくれと

訴えてきたら手放さなければいけないという

リスクはありますが💦

こちらは滅多にないそうなので、その辺はあまり深く考えないようにしています。

 

とにかく考えて過ぎてしまうと、何もできず

児童相談所の方からも、あまり頭でっかちにはならないように、と言われています)

不安だけが大きくなってしまうので

これから起こるであろう楽しい事も

考えながら、気持ちを前向きにしています。

 

 

家庭訪問(例外)

通常、児童相談所で研修を受けてから、里親申請の

用紙を提出します📄

 

ですが、私達の場合、2世帯住宅で私の両親も同居していた事

そして、あまり里親制度に対して母が良い印象がなかった事など

諸々ありまして、まずうちの両親への家庭訪問の実施がありました👥

母親には私からある程度の説明はしてありましたが、

終始変わらず、

 

子育ては大変

今の時代子供がいることが幸せではない

どんな遺伝子の子供がくるか分からない

(障害があったらどうするのか)

自分はもう体力ないので、何かあった時に見ることはできない

 

と言っていました。

ごもっともな意見だと思います。

今更娘に大変な思いをさせたくない

という親の気持ちもとても分かりました。

また、

 

早く孫の顔をみせてくれ!

 

という親が結構いる中で、不妊治療中も

今も、孫孫と言わないである意味

自分達の人生だから好きにそれぞれ

楽しめば良い、みたいな考え方で

いてくれるので有難い事だと思います。

 

 

そして、家庭訪問に児童相談所の方々が来てくださいました。

お時間を作って頂き本当に申し訳なく思いつつ。

 

とりあえず父親は我関せず、みたいな(笑)

あんまり何も考えていないのでスルーでした。

母親はやはり色々言っていました。

まぁ子供達の決めたことだから、とは考えている様でしたが

確かに心配みたいです。

何だか巻き込んでしまっているようで、

本当にこれでいいのか、と考えることもしばしばです😞

しかも児童相談所としては、

「ご両親が一緒に住んでいるのだから

かなりのバックアップがあるから安心ですね」

みたいな

変な期待をされていて、

とんでもなく手のかかる子や、無理難題を言われたら

どうしようかと、プレッシャーになりました。

 

委託されたらされたで、親はきっとそれなりに可愛がっては

くれると思いますが、

私達としてはなるべく親には迷惑をかけたくはないと

いうのが本音です😐

 

 

またちょっと不思議な話

先日妹が、真夜中の3時にいきなり

汗だくになり、飛び起きたそうです。

そして、近くに置いてあった携帯が

起動したので、

何だ?

と思って開いたら、撮影画面に

勝手になったそうです。しかも

砂嵐でザーッザーッといつもと

違う撮影画面💦

恐ろしさのあまり電源切ろうと

したけれど、なかなか切れず

暫くその状況が続き、冷や汗ダラダラ

だったと翌日私に言ってきました。

もしかして

誰か亡くなったのかな?😓

と。

そういえば、その日の朝、私はやたら

早起きして外に出たのですが、

耳鳴りが酷かったんです。

しかも、ボーボーという重たい耳鳴り。

私は霊感はないのですが、地震の前後に

キーンキーンという耳鳴りがたまにします。

そして、変な場所に行ったりすると

重たい耳鳴りがします。

なので、先日の耳鳴りはちょっと良くない耳鳴りだったのかな、と思いつつ。

けれども、特にそれから気にせずに

生活していました。

 

そして今日。

回覧板が回ってきたんです。

ご近所の老人ホームに入っていた

方が亡くなった、と。

そして日付けをみたら、例の日

だったんです。

偶然なのかなんなのか…

ちょっとまた怖かった出来事でした。

 

里親&里子のキャンプに参加してみる

里親支援相談員さんとお話しした時に、

 

毎月、里親&里子さんの為のキャンプをやっているので

良かったらご夫婦で参加してみない?😃

 

と言われました。

実際どういう感じなのか、教えて頂けるよい機会だったので、その場で申込みました。

しかも場所が家から徒歩でも行ける距離でした。

 

当日はカレーをみんなで作る、という事で500円の参加費を払って参加しました。

私達は気合を入れて一番で到着⤴️

続々と人が集まってきたのですが、

中には職員親子もいらっしゃたので、

どの人達が里親&里子か最初わからなかった程違和感なく皆さん親子でした。

私達はその時、たまたま里親さんが来られない里子さんを一人見守るようにお願いされました。

2年生くらいの活発な女の子でした👧

人懐っこくてかなりやんちゃでした。

その子と一緒にまず野菜を剥いたり切ったりしながら、同じ机になった小学生男の子二人と、その里親さんと

お話ししました👩‍👦‍👦

子供の前だったので、里親さんの詳しいお話は聞けませんでしたが、

2人の男の子達は

しっかり家でもお手伝いできる様で、

躾もされた子達でした。

 

中には高校生の女の子2人と幼児2人を預かっている

里親さんもいらっしゃって、びっくり!

どうやら里親さんは4人まで子供を預かれるそうです。

凄いな~❗️と思いました。

 

カレーを食べる時に、今度は5歳の女の子の里親さんとご一緒させて頂き、

色々とお話ができました。

里親さんと里子さんの関係が皆さんとても良好そうに見えたので、ちょっと安心したのですが、

どうやらこのキャンプに来られている方は良好な人しか来てない感じでした。

そうですよね・・・

ぎくしゃくした関係だったら

難しいですよね😥

 

 

委託された子供が、どうしても可愛いと思えない里親さんが

いること

子供が来ると今までの生活が急に変わるので、身体がきついこと

苗字が違うので、学校にそのことを説明したり

子供が生い立ちの事を授業でやるので、それが

心配だとか

いつ告知しようか、とか悩んでいる

 

 

等々、お話を聞くことができました。

告知は、今は小さいうちにする方が多いそうです。

周りから知ったり、自分で違和感を感じたりする前に

きちんと説明した方が、ショックが小さいからだそうです。

感受性の強い子だと、思春期とかとても大変そうだな、と

思いました😓

けれども、自分の子だったとしても、親の思う様には

育たないと思います。

なかなか良い親子関係にならない時もあると思います。

なので、その辺はやはりやってみないと

分からないのかなと、感じました🤔

 

それにしても、里親さんは皆様凄く

落ち着いた方々ばかりで、

温かい人達でした。

大先輩から私もこれから沢山

学んでいきたいと思います。