福ちゃん里親さんになる

夫婦二人で過ごしてきた日々から、里親さんになり子供を迎える、そんな日々を書いていきたいと思います

養子縁組の種類

 私達は養子縁組か養育里親かを、ずっと迷って考えて

今でもなかなかどちらが良いのか、正しいのか

やってみないと分からないのですが、

実は、その養子縁組の中にも2種類あって

普通養子縁組と特別養子縁組です(下記の通り)

 

 

 

  特別養子縁組 普通養子縁組
できた目的 子どもの福祉のためにできた養子縁組の方法 「家」の跡継ぎを残す・存続のために作られた。
養親になるのは 婚姻している夫婦(夫婦共同縁組) 単身者・独身者もなれる
養親の年齢条件 夫婦ともに成年で一方が25歳以上 成年(婚姻している未成年は可)
養子になれる年齢 原則は、家庭裁判所に申し立てた時に6歳未満 制限なし
実父母の同意 実父母の同意が必要(非摘出の子で、父の認知が無い場合は父の同意は不要) 親権者の同意が必要。養子が15歳以上の場合は不要。
縁組の要件 父母による養育ができず、子どもの監護が著しく困難または不適当な場合。 未成年者の場合は、家庭裁判所の許可が必要
養育の試験期間 6か月以上 特になし
実父母やその親族と子どもの関係 家庭裁判所による承認の審判が下り確定すると終了する 実父母やその血縁者との親族関係は存続する
戸籍の父母欄 養父母1組の氏名のみ 実父母と養父母の2組の親の氏名が記載される
戸籍の続柄 長男・長女など、実子と同様に記載 養子・養女
身分事項欄 養子縁組の記載なし
[民法817条の2と記載される]
縁組事項について記載される
離縁

原則認められない。縁組が子どもの福祉を害するという具体的事実がある場合のみ可能。養父母からは離縁できない

養父母または15歳以上の養子の協議でいつでも可能

 

私達が選択する場合は、特別養子縁組になります。

あくまで、子供の為の養子縁組です。

実父母の同意が必要になってくるので、

ここが結構難問だと、児童相談所の方が

強調されていました😓