福ちゃん里親さんになる

夫婦二人で過ごしてきた日々から、里親さんになり子供を迎える、そんな日々を書いていきたいと思います

里親&里子のキャンプに参加してみる

里親支援相談員さんとお話しした時に、

 

毎月、里親&里子さんの為のキャンプをやっているので

良かったらご夫婦で参加してみない?😃

 

と言われました。

実際どういう感じなのか、教えて頂けるよい機会だったので、その場で申込みました。

しかも場所が家から徒歩でも行ける距離でした。

 

当日はカレーをみんなで作る、という事で500円の参加費を払って参加しました。

私達は気合を入れて一番で到着⤴️

続々と人が集まってきたのですが、

中には職員親子もいらっしゃたので、

どの人達が里親&里子か最初わからなかった程違和感なく皆さん親子でした。

私達はその時、たまたま里親さんが来られない里子さんを一人見守るようにお願いされました。

2年生くらいの活発な女の子でした👧

人懐っこくてかなりやんちゃでした。

その子と一緒にまず野菜を剥いたり切ったりしながら、同じ机になった小学生男の子二人と、その里親さんと

お話ししました👩‍👦‍👦

子供の前だったので、里親さんの詳しいお話は聞けませんでしたが、

2人の男の子達は

しっかり家でもお手伝いできる様で、

躾もされた子達でした。

 

中には高校生の女の子2人と幼児2人を預かっている

里親さんもいらっしゃって、びっくり!

どうやら里親さんは4人まで子供を預かれるそうです。

凄いな~❗️と思いました。

 

カレーを食べる時に、今度は5歳の女の子の里親さんとご一緒させて頂き、

色々とお話ができました。

里親さんと里子さんの関係が皆さんとても良好そうに見えたので、ちょっと安心したのですが、

どうやらこのキャンプに来られている方は良好な人しか来てない感じでした。

そうですよね・・・

ぎくしゃくした関係だったら

難しいですよね😥

 

 

委託された子供が、どうしても可愛いと思えない里親さんが

いること

子供が来ると今までの生活が急に変わるので、身体がきついこと

苗字が違うので、学校にそのことを説明したり

子供が生い立ちの事を授業でやるので、それが

心配だとか

いつ告知しようか、とか悩んでいる

 

 

等々、お話を聞くことができました。

告知は、今は小さいうちにする方が多いそうです。

周りから知ったり、自分で違和感を感じたりする前に

きちんと説明した方が、ショックが小さいからだそうです。

感受性の強い子だと、思春期とかとても大変そうだな、と

思いました😓

けれども、自分の子だったとしても、親の思う様には

育たないと思います。

なかなか良い親子関係にならない時もあると思います。

なので、その辺はやはりやってみないと

分からないのかなと、感じました🤔

 

それにしても、里親さんは皆様凄く

落ち着いた方々ばかりで、

温かい人達でした。

大先輩から私もこれから沢山

学んでいきたいと思います。