福ちゃん里親さんになる

夫婦二人で過ごしてきた日々から、里親さんになり子供を迎える、そんな日々を書いていきたいと思います

家庭訪問(例外)

通常、児童相談所で研修を受けてから、里親申請の

用紙を提出します📄

 

ですが、私達の場合、2世帯住宅で私の両親も同居していた事

そして、あまり里親制度に対して母が良い印象がなかった事など

諸々ありまして、まずうちの両親への家庭訪問の実施がありました👥

母親には私からある程度の説明はしてありましたが、

終始変わらず、

 

子育ては大変

今の時代子供がいることが幸せではない

どんな遺伝子の子供がくるか分からない

(障害があったらどうするのか)

自分はもう体力ないので、何かあった時に見ることはできない

 

と言っていました。

ごもっともな意見だと思います。

今更娘に大変な思いをさせたくない

という親の気持ちもとても分かりました。

また、

 

早く孫の顔をみせてくれ!

 

という親が結構いる中で、不妊治療中も

今も、孫孫と言わないである意味

自分達の人生だから好きにそれぞれ

楽しめば良い、みたいな考え方で

いてくれるので有難い事だと思います。

 

 

そして、家庭訪問に児童相談所の方々が来てくださいました。

お時間を作って頂き本当に申し訳なく思いつつ。

 

とりあえず父親は我関せず、みたいな(笑)

あんまり何も考えていないのでスルーでした。

母親はやはり色々言っていました。

まぁ子供達の決めたことだから、とは考えている様でしたが

確かに心配みたいです。

何だか巻き込んでしまっているようで、

本当にこれでいいのか、と考えることもしばしばです😞

しかも児童相談所としては、

「ご両親が一緒に住んでいるのだから

かなりのバックアップがあるから安心ですね」

みたいな

変な期待をされていて、

とんでもなく手のかかる子や、無理難題を言われたら

どうしようかと、プレッシャーになりました。

 

委託されたらされたで、親はきっとそれなりに可愛がっては

くれると思いますが、

私達としてはなるべく親には迷惑をかけたくはないと

いうのが本音です😐